« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月の10件の記事

2004.08.31

ピタゴラスイッチ

僕のお気に入りのTV番組「ピタゴラスイッチ」。
そこにテレビのジョンというキャラがでてくる。

今日、頭のスイッチがカチッとなって、びっくりしたことがある。
それを知った瞬間、心霊現象にも似た感覚で血の気が引いた。


テレビのジョンは

テレビジョン

から来ていたのだ。


お気に入りの番組とかなんとかいってたくせに、今まで全く気づかなかった自分に超ショック!!

2004.08.23

命どぅ宝(ぬちどぅたから)

すぎぽんヌ氏が石垣島にいくというので「ちゅらさん」総集編DVDをかした。

そしたら自分も、なんか無性にみたくなったのでばーっとみた。
涙が止まらない止まらない。

自分の幸せを再確認して日曜が終わった。

おっと。
BSで再放送してるんですね。

おっと。
9月にちゅらさん2が再放送ですね。

おっと。
9月にちゅらさん3がはじまるんですね。

ワーワー。

2004.08.20

広告

raspy語録

「士農工商広告。」


【解説】

「広告」のほかに入替可の言葉は「Pen」とか。
あとなんだっけ。

「R25」もそう。

したたかなやつらが世を席巻している感じ。
あ、そうすると「Pen」は違うか。
みんな読んでる?Pen。

あとは「ライブドア社長」とか?

士でありたい。
ナベツネ。極右。靖国。

苦労と喜び

最近、休日やら時間があればやってみたいと思うことが、病んでいる普段の自分を露呈するが如しである。

せっかくの休みなのになぜ、労働にも似たような事をしたいと思うのか。それを考えると、以前は自覚のない恵まれた生活をしていた事に気づかされる。

自分の為の時間というのは、過去思っていた以上に与えられないものなんだなということが最近わかった。

でもそんなの、拘束されてからはじめてわかるものじゃないか。
それともわかっていなかったのは俺だけだったのか。

夜も更けるとこういう無駄な自問自答が頭の中ではじまるのは、まだ余裕がある証拠か。

2004.08.13

memo

フォントメモ

タカライン

ウインクスLファミリー+JTCウインSファミリー

の組み合わせだとエロイ。

2004.08.05

スクールウォーズとラグビーと僕

「この物語はある学園の荒廃に戦いを挑んだ熱血教師たちの記録である 高校ラグビー界において全く無名の弱体チームが荒廃の中から健全な精神を培い わずか数年で全国優勝を成し遂げた奇跡を通じてその原動力となった信頼と愛を余すところなくドラマ化したものである」

というイントロでおなじみの
ドラマ・スクールウォーズの劇場版が公開されるらしい。

【劇場版】スクールウォーズ/HERO

実は20年前くらいにあったTVドラマ「スクールウォーズ」によって感化された親に、ラグビーをやってみないかともちかけられた。特に父親は大学時代にラグビーをやっていてさぞいい思い出があったのだろう。結局次の週には、少年団のラグビー教室に通っていた。事実上やらされていたわけだが、親の認識では喜んで行っていると写っていたようだった。

毎週日曜日の午前中にこのラグビー少年団の練習があるのだが、僕はラグビーというか運動は全般的に嫌いだった。特にチームで協力してやるスポーツがなんとも嫌いだった。もうひとつやらされていた水泳のほうが、ずっと性に合っていた。好きになれない他人と協力してなにかをやるというのは孤独を好んでいた少年時代の僕には労働に近いものがあった。何度か、いやになり「辞めたい」旨を親に告げたが、「中途半端なところで辞めるも続けるもお前次第だ。」とかなんとかムカツクプレッシャーに負けて続けていた。

運が良かったのか、悪かったのか、それなりに県では一番強い少年団だったらしく、中学生の時にドラマよろしく香川選抜チームとして花園に出場することができた。

もちろん親は大喜びの上、名前の載ったラグビーマガジンを買いあさる始末だったが、あまり仲の良くない連中と協力して試合に出ることは、ラグビー界隈では聖地とされる花園にいけようとなんだろうと、孤独を愛する僕には相変わらず苦痛だった。

そんないやな思い出がよみがえる。
子供は必ずしも親と同じベクトルを向かないのである。
それを肝に銘じなければとか思った。

2004.08.03

Suica←→ICOCA ICカード乗車券相互利用記念Suicaイオカード

今日は東西線がなんか調子悪くて、各駅に4分とまりながら進むという状況に。で、会社にはまともな時刻にいけそうになかったので、必殺「午前休」申請。

午前休を出すとそれはそれで暇になるので、新宿駅でぶらぶら時間をつぶしてたらSuicaイオカの記念カードが出てた。絵柄が間抜けで気に入ったのとSuica電子マネー機能にデフォルト対応で、使ってみたかった故、買ってみる。

しげしげと色々ながめ、ご利用案内が記載されているのでまじまじと読んでみたら「カードの所有権は当社に帰属します」とある。つまりデポジット500円はその言葉の意味するとおり、JRに保証金を支払ってそれを担保にJRの資産であるカードをユーザが借りているのである。

この超偉そうな取り決めがひっそり仕組まれている事が気に入ってしまった。
濡れ手にアワー。

「不要になったカードは、当社のSuica取扱駅にお返しください。払いもどし額とデポジットを返却いたします。」とあるので、他のプリペイドカードと違って、全額払い戻しができるみたいだ。

だから、New記念Suicaが出て、いままでの絵柄が気に入らなかったら、払い戻しして、カードを新しくすればいい。このカラクリは偉そう取り決めと面白い関係だと思った。

国家社会主義

僕の大好きな夏がやってきた。
戦争を回顧するNHKスペシャル満載な週間。

勝手にオレ前夜祭として「映像の世紀」を再度みる。
もちろん、「ヒトラーの野望」の回を。

国家社会主義ドイツ労働党

なんと美しい響きだろう。
世界から愚弄されつづけたドイツ国民を魅了したのは独裁による国家再建の奇跡だった。抑圧されていたが故、一気に噴出したエネルギーと一人の天才によって成し遂げられる次々と起こる奇跡。湧き上がる観衆。国家が一丸となって破竹の勢いで何かを成し遂げていく様は実に美しい。

あるドイツ国民がこう言う。
「誇りに思っていいんだぞ。君は今、すばらしい時代に生きているんだ。」

涙がでそうになる。


しかしやがて終焉が来る。
それは扇動だったことに気づき、時代に淘汰されていくドイツ国民。明るみに出るホロコースト。


何度見ても、涙が出そうになる。

2004.08.02

素敵ディスプレイ

グラサンの彼のなんともいえない顔がスバラスィ。

2004.08.01

写真更新

夏ですね。

写真第7弾。

ほぼ3ヶ月毎に更新してるので季節感が出てていい感じ。

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

このブログの注目記事

friends

tools







  • blog seo tool : track word
    blog SEO tool


  • RSS feed meter for http://yokoyamen.cocolog-nifty.com/boku/

なかのひと

あわせてよみたい

  • あわせて読みたい
フォト

みんぽす