« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月の17件の記事

2005.04.30

北の国から

「優しい時間」という、北の国からの脚本の人がやったドラマが最近あったらしく、妻もみていたそうなんですが、それ関連の「ニングルテラス」なるリゾートがあって、「愛・地球博よりエコっぽいエゴ」みたいに僕には思えるところでお土産を買ったり、お茶を飲んだりした。

最後の日にもおじいちゃんとおばあちゃんちに言って、また話をしたり、悠人と遊んだりした。あと、昔からあった裏庭に20×10mくらいの農園があったのをはじめてみた。老後のすごし方の勉強になる。

17:00ごろに、おじいちゃんとおばあちゃんと一緒に家の前で写真をとって、さようならをした。いままで北海道から帰るとき本当に毎回悲しい気持ちになったけど、それは変わらなかった。いつもどおり、車が見えなくなるまでおじいちゃんとおばあちゃんは手を振っていた。

またこよう。

2005.04.29

黒いダイヤの街

昨日は富良野に戻り、プリンスホテルに一泊。
バブルの名残満載のホテル。

朝方、ソリをレンタルして、悠人と妻と3人で遊んだ。すごく楽しかった。悠人は楽しくなさそうだった。1歳ならそういうもんなんだなーと思った。

チーズ工房とアイス工房で観光。10度付近でアイスを食うと、心身が完璧に冷えてオツ。

昼過ぎに、また芦別に戻っておじいちゃんとおばあちゃんとおはなしした。赤平のスーパーまで晩御飯を買出しに行ったりした。おみやげに名物の塊炭飴を買った。塊炭飴は「黒いダイヤ」と呼ばれた石炭を模したお菓子で、濃いシナモン味の飴である。石炭に沸いたこの街界隈の歴史を彷彿とさせて、なんとも悲しい気持ちになっていいのである。買い物の帰りに、おじいちゃんに活況だったころの炭鉱の街の話を聞いたりした。この上ない観光だったと思う。

その晩は、筋子とやりいかの刺身とおばあちゃんのポテトサラダを食べた。うまかった。

ひ孫

おじいちゃんとおばあちゃんにあった。ばあちゃんには3年ぶりくらいだ。
このおじいちゃんとおばあちゃんが悠人の名付け親だ。

悠人は珍しく人見知りして、ママに抱きついて泣いていた。大人になると意識しないが、老人の顔というのは思ったより恐ろしいものなのかもしれない。

おじいちゃんとおばあちゃんと、色々な話をした。最近の話が半分、昔話が半分。

その晩は、リクエストどおり、いろはのジンギスカンだった。

2005.04.28

芦別へ

道央道を飛ばして、芦別に向かう。

レンタカーのマーチは運転しづらかった。ハンドルが軽すぎるのと横風の影響をモロにくらったりして、横にグワングワンした。カーブを曲がるときにも思ったとおりのラインを行ってくれなくて、結構曲がらない。マーチのサスは日本車の中では固めときいてるので、これよりヤワいのには怖くて乗れないなーとか思った。ドイツマンセー。でもシートはよかったよ、マーチ。

岩見沢で三井グリーンランドが見える。四国の家族で、最初で最後の遊園地だったのがこの三井グリーンランドだ。あれは本当に楽しかったんだよと、妻に言ったら、新婚の時に北海道に来たときも同じ事を言ったって言われた。

砂川を通り過ぎて、あっという間に滝川に着いた。あっという間だった。小学生のころは、本当に長く感じたのになぁ。

赤平の温泉施設に立ち寄る。このあたりは過疎化が急激に進んでいて、老人率が高いのでこういう施設がガンガンできていてうれしい。会場はちょうど月に一度の老人会だったらしく、いつもより老人密度が高かった。みんな、タモさんを見ずに長七郎江戸日記をみていた。迷わず地獄におちるがいい。

のんびりして14:30くらいに芦別についた。

到着

流れる北海道の景色から差し込む朝日で目覚める。風呂に入っていないのに、極めて爽快な朝だ。

昨日、ちょっとしたアクシデントがあって、悠人がはしゃぎすぎてカドに口をぶつけて血を噴いた。結果、口の中が切れるだけですんだけど、かなりあせってしまった。今朝、傷をみてみたら、結構復活していて安心。

札幌駅には9:15についた。
札幌駅の殺風景なホームに降りると、ああ、北海道だなぁという感じがする。低い気温。乾いた空気。

駅でレンタカーを借りて、芦別に向けて出発。チャイルドシートも希望したんだけど、ひどく簡易なもので、とても機能しなさそうな代物だった。

2005.04.27

北斗星マンセー

北斗星マンセー

15:40 上野到着

北斗星の時間を確認して、食料調達へ。

みはしでクリームフルーツあんみつにて腹ごしらえ。ンマーイ。

the garden にて宴セット購入

鱒寿司 しそキャベツの浅漬け つまみ チーズ類 酒 そして弁当

寝台の食堂車でのディナーが7000円(!!)と聞いていたので油断してバカバカ買う罠。

本屋でアスキーを買う

北斗星にご対面。
すごくイイ。古くさいのがいい。常に満席になるのがわかる。息子とはしゃぐ僕。親子撮影会。にわか鉄ちゃん。欽ちゃんではないので注意。

16:50 上野出発

客席はデュエットというタイプ。
下から三番目、上から三番目のグレードで二人用の個室。幼児がいると個室は必須。四人用テントより狭い感じ。鍵のついた扉をあけると、小さな階段があり、上った高いところにベッド兼用イスという構成。窓は列車の上側の角に設置されており、みはらしがよくなるように設計されている。ベッドに寝ころぶと、その窓から空が見えて夜空も楽しめるようになっている。これはいーねー。

年寄りの旅。

遮音性も高い。静か。隣の部屋や外の音はほとんどしない。牽引されてるのがでかいのかな。でも通路の音はよく聞こえる。

心地よいガタンゴトン音が終始リズムを刻む。

東大宮を通過。懐かしい景色。とまとはまだあった。きらくがあいていた。復活?はいチキンカツに、やっこー。

出発

出発

14:00自宅出発

電車の旅スタート。

東葉高速鉄道
村上→東葉勝田台

勝田台の駅で見知らぬおばあさんとおはなし。成長グラフの話に。

京成
勝田台→上野

またちがうおばあちゃんに話しかけられる。出身大学と会社を訪ねられる。話をきいていくと、どうやら長男の話をしたかったらしい。長男のおかげで海外旅行にいけて嬉しいといっていた。内心俺の年金をそんなことに使いやがってと思いながら、いやあ僕も親孝行しなくちゃなあとか適当なことを言う。

適当=旅の醍醐味

北の国へ

今日から1日まで休んでGW前半。

今日から北海道に3泊4日。ブルートレインに行って、現地レンタカー、曾爺婆訪問、飛行機で帰る。という感じ。楽しみ。初ブルートレイン萌え。

2005.04.24

エネルギッシュな人

本宮ひろしの日々が夏目氏の琴線に触れたらしい。

貧乏してるとき、1日肉体労働で千円もらい、友達に頼んで部屋に330円づつ隠してもらい(そうしないと1日で使っちゃうので)、まず風呂にいき、それからカップラーメンと玉子を買う。が、あるとき桃のカンヅメが食べたくなり、他をあきらめて桃缶を買った。  「そいで桃食うじゃないですか。で、あとツユが残るでしょ。これをクーッと飲んでね・・・・あーっ、生きててよかった、と・・・・(爆笑)、そんなもんだと思いますよ」

なるほど。これは面白い。
僕もエネルギーのみなぎるDNAがほしかった。

2005.04.15

毒男をまもれ

独身男性の貯金を保護する法律が必要だと思うんだ。

もしくは保険商品。いや、保険商品のほうが現実的だな。

僕の周りには毎日自分の身を削って、結果でストレスも金も溜め込んでる人がいっぱいいる。ほんと気の毒としか言いようがない。そんな彼らの敵。彼らの血金を甘汁のごとく吸い上げる性悪女だと僕は思っている。というか、僕が女を嫌いなだけ、そしておせっかいなのである。

女にだまされたら、事故扱いで保証
女にだまされそう、だまされなそう っていう審査があってそれに通った人だけ入会できる。

保険金詐欺横行しそうなのでオプが重要
これはだまされたのか、むしろ男のほうがだましたのかを見極められる人物…

タモリがいいと思うんだ。


痴漢防止の為、女性専用車両登場というニュースとかTOKYO少女をみてそういうことを考えました。

2005.04.12

さようならCONTAX

悲しいけれどお別れだ。噂サイトの話は本当だった。
京セラ、「CONTAX」ブランドのカメラ事業を終了へ (ロイター) - goo ニュース

京セラは、高級カメラである「CONTAX(コンタックス)」ブランドのカメラ事業を終了すると発表した。カメラ事業については、京セラは3月、デジタルカメラ事業から撤退する方針を表明していた。
思えば僕が写真に触れてこられたのはCONTAXのお陰だ。CONTAXがあったから写真を続けられてる。ツァイスレンズだったからまだ銀塩に執着してる。 それは97年に購入したCONTAX Tixに端を発していた。最後に僕のCONTAX愛用の様子をご紹介しながらお別れしたいと思います。今日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。(松平)
そのカメラ愛を僕は関心空間でこう綴っている。 1785954704 CONTAX Tix
1997年にコンタックスが出した
APSで世界初の高級コンパクトカメラ。(多分)

コンパクトカメラで人気高いコンタックスTシリーズの流れを汲む4代目。

Tシリーズのコンセプトは以下のようなものである。
「カメラは、まず何よりも映像である。なるべく、楽に携帯できる方がいい。しかし、実用本位で経済性ばかり重視した、画一的なカメラは持ちたくない。本物だけが持っている、あの、ずっしりした手ごたえを味わいたい。男の願望を抱きつづけるカメラ愛好家たち。その期待に応えて、一眼レフの頂点を極めたコンタックスが、全く新しい次元からコンパクトなカメラを完成しました。京セラ、カールツァイス 国際技術協力の成果です。」(コンタックスT カタログより)

[持って楽しい]
APSカメラなのでコンパクトカメラの中でも非常に小さい。CANON IXYデジタルを少し横に伸ばしたくらいの大きさなので気軽に持ち運べる。

[見て楽しい]
筐体には独特の剛質感、高級感がある。
ボディはチタニウムがメインでさわり心地がいい。
ファインダーとレリーズボタンはなんと人工サファイアでできている。流石KYOCERA。デザインも無機質で美しい。

[撮って楽しい]
ツァイス色がよく出ている。
原色の仕上がりは派手で刺激的。夕焼けや花、森を撮ると感動するはず。屋外で撮る限り、誰でも思い出深い写真が気軽に撮れる。ポートレートもステキだ。

---------------
私が大学生の時、生活を記録するのにカメラを使っていた。当時、祖父から譲ってもらった一眼レフ(OM-1)を1台持っていたのだが、生活を記録するには大変な手間のかかる一眼レフには空き始めていた。

持ち運びやすく、気軽にシャッターが切れるカメラを探していた。今ならばデジカメがそれにピッタリだと思うが、当時はまだ世の中に「デジカメ」という言葉が生まれたばかりの頃で、値段が高いわりに画質も貧弱だった。

そんなとき、友人がCONTAX TVSという(17万もする!)コンタックスのコンパクトカメラを持っていて、彼がイギリスに海外旅行に行った時の写真を見せてもらった。彼の腕がよかったのもあるが、これがなかなかステキな写真だった。特にあがった写真の色味が刺激的で、素人目の私にも思い出深さが伝わったほどだった。

すぐに欲しくなったが結構な値段がして、そのときはあきらめた。その後数ヶ月バイトして金が貯まったころに丁度、このTixが発売されることを知り、バイトの給料日のバイト帰りに買いに行ったのを覚えている。

その後、貴重な大学生活をこのTixと過ごした。
フィルムにして30本程撮った。
社会人になってアルバムをひっくり返して見ると思い出が鮮明によみがえる。とてもステキな買い物をしたなと今になっても思う。

最近はデジカメを買ってあまり使わなくなったけれど、遠出の旅行には必ずTixとフィルムをたくさん持っていく。
旅行から帰ってきて、フィルムを現像に出す。
現像を2,3日待つ、あの時間がデジカメしか使わなくなった今となってはとても楽しい。

貴重な思い出を撮るには今でもベストカメラなんじゃないかと思っている。

2005.04.11

同士マンセー

Google 検索「じゃないですかぁ 私って 知るか」で検索して、このブログのこの記事に来ていたひとがいた。

やっぱムカつくよねあれ。

最近おもうこと

・大事なのは割り切りと組み合わせだ。
・人間は壁ばかり建てて橋を造らない。サー・イサク・ニュートン

2005.04.10

イオン

イオン

近所にイオンができた。めっちゃでかくて、ららぽーとをかなりパクっていた。特筆すべきは、天井が高いこと。フロアはじゅうたんが敷かれていたこと。スターバックスはあるが、ユニクロがないこと。

悠人とのいい遊び場ができた。

しかし、買い物をしにいくのにはイトーヨーカドーのほうが上だと思う。見栄ではなく、実用が重要なのだ。食品などの商品のクオリティはイトーヨーカドーには劣っていた。

オープニングセールで床屋が安かったので髪を切った。ついでに染めた。かなりサイヤ人化。ああ八千代依存度がさらに高くなる…

2005.04.05

透けて…はいないのだよ!

くだらなくて面白い。

Flickr::transparentscreens

日本版ポリティカルコンパス

最近よく読んでるblog、軽いノリでオタク官僚の日記がよめる「霞が関官僚日記」を読んでてふむふむしていたところ

日本版ポリティカルコンパスなるものを紹介していたので自己分析。

ポリティカルコンパスは、各人の政治的および経済的立ち位置を調べるページです。本家はPolitical Compassにあり、多くの日本人の関心を集めました。しかし日米では感覚や文化の差異もあり、日本人がやるとやたらとリベラル左派に判定されてしまいます。また日本人にはピンと来ない項目も多く含まれます。というわけで試しに日本版を作ってみました。

ほうほう。やってみるべし。

結果

WS000023

判定結果は下記の通りです。

政治的な右・左度(保守・リベラル度) 8.13
経済的な右・左度(市場信頼派・政府介入派) -6.36
あなたの分類は保守左派(ナショナリスト)です

すなわち

伝統や公共の福祉を重視。市場原理の負の側面(いわゆる「市場の失敗」)を重視し、政府による再配分や規制を望んで、大きな政府を志向。


との事。うんうん。そのとおりですよ。
右傾向っていうより保守っていったほうがいいなぁ。
別に戦争仕掛けたいわけではないので。

一般に言われている右派というのは=保守ではないと最近思う。
あれもしかして俺、大作向き?

みんな田舎でガンガン子供をつくるべきですよ。孫パラダイスまでいくべきですよ。人類は子供を生むために生まれているのですよ。生きる意味なんてそれ以外にないのですよ。自己実現なんか糞食らえですよ。特に女子の。家で美味い飯を炊くべきなんです。そうは思いませんかみなさん。(無理やりサンボマスター風でごまかす)

2005.04.01

古巣

前の会社の同僚の飲み会にさそってもらった。
今半ですき焼き。( ゚Д゚)ウマー。

みんなやつれていて、かわいそうだった。

人が足りなくなってベンチャーセーフネットの人が充足されていたりして、ベンチャーセーフネット‥といえばそういえば、僕と同じ大学の研究室の有山君(仮名)が痛い目にあっていたなー。と思った。

すき焼きはオゴリだった。40近くで独身の人は違うね!さすが課長&上級職!

古巣を発って3ヶ月たつんだなぁとしみじみ思ったりした。

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

このブログの注目記事

friends

tools







  • blog seo tool : track word
    blog SEO tool


  • RSS feed meter for http://yokoyamen.cocolog-nifty.com/boku/

なかのひと

あわせてよみたい

  • あわせて読みたい
フォト

みんぽす