« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月の10件の記事

2005.07.31

塚地似

顔を出さなかった事で有名なCLAMPや、リハウスガールの蒼井優とかが出て、目が離せない最近のトップランナーですが、今日はドランクドラゴン。

塚地武雅のオタク描写が超好きなんですが、そんな彼は誰かに似ている顔。今日あらためてその不細工顔を見た後に、サンデースポーツをみていたら気づいた。不動ゆ‥

報告は以上です。

2005.07.27

原作者は女

原作者・荒川弘に聞く 映画「鋼の錬金術師」@asahi.com

鎧やメカの巧みな描写とペンネームから、男性作家と勘違いされることも多いが...

知らなかった!

2005.07.26

「七人の弔」のプレミア試写会

ダンカン監督映画「七人の弔(とむらい)」のプレミア試写会に当選したので行ってきた。ので感想を。偉そうな言い方になってしまうのはご勘弁いただきたい。いつになく弱気。

雑感。

残念ながら、偶々かもしれないが最後のほうのオチが読めてしまった。けどなかなかよかった。やりたかったことは十分に伝わっていたと思う。僕が汲み取った意図は、子供にとって親は最も頼るべき存在であり、反対に最後の砦であるということ。その砦は、昨今の資本主義と恋愛至上主義によって、危ういものになっているということ。

全体的な雰囲気として、緩急にいたることなく、やや冗長だった気がする。94年くらいの藪先発のピッチングのような感じ。ピリッとしてるんだかしていないんだか。途中で飽きそうになったこともあった。


子供にみせるべきか否かという点について。

僕はみせてもいいんじゃないかなと思った。でも帰りの車の中の会話が不安。「マ、マクドナルド行こうか‥」なんて、家庭内BoysBe...状態が容易に想像できる。


映画でみるほどではないかもと思ったのだけど、終盤の50mm画角f2.8くらいのダンカンのアップで結論の片鱗を告白する夕方のカットは映画ならではかなと思った。オーソドックスだけど焦点をずらさない感じというか。


あと、実際に芸能人をみてみたが、群を抜いて顔立ちのDNAが違うんだなと思った。あと林家ペー・パーの具合も凄かった。プロってすごいな。

芸能人か社長かわからん(オマエ写真集出したら絶対儲かるよとかたらしこむ人&名前知らない)けどサンジャポファミリー様席に座っていただれかが、写真をたくさんとっていてそのたびに「ブログにのせるから」といっていた。すごい。ブログはキャズムを超えたかもしれない。

2005.07.25

スイッチオン

昨日の映画のおかげで、へんなスイッチがはいってしまった。

鋼の錬金術師10巻、11巻と機動戦士ガンダム THE ORIGIN 6巻を会社近所の本屋で衝動買ってしまった…。最近まで漫画欲抑制プログラムがうまく機能していたというのに…。

コミックの鋼のを読んだ感じ、アニメの方がよさげ。味付けが大分ちがう。アニメの方が先行しちゃってるので、物語の新鮮さがないからかも。物語の複雑さやキャラの特徴をアニメのほうが巧く消化している感じがした。

丁度、THE ORIGINと1stアニメ版と逆の格好。アニメの演出技術がそれだけ進化しているのかなと感じた。おおげさだけど。

2005.07.24

鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

近所のユーカリヶ丘のワーナーマイカルで鋼の錬金術師 シャンバラを征く者を見てきた。

すごく良かった。思ってた以上によかった。ナチスのミュンヘン一揆やらトゥーレ協会とかが話に混ぜられていて僕のツボごり押し。しかしTV版を全部みてないとなんのことかわからないかも。まぁみてないひとは観に来ないか。

周りは小中学生ばっかり。いいなぁ最近の小学生はこんなのみれて。ドラえもん のび太の魔界大冒険でドキドキしてた僕が馬鹿みたい。

スターウォーズにしなくてよかった。

2005.07.17

mapに時系列

ディズニーランドは永遠に完成しない、とウォルト・ディズニーは言ったが

1989年のディズニーランド@wiki写真
最近?のディズニーランド@gmap

をみるとそれが垣間見えて面白い。空からだとマニアックなところが変わっている。

左下のトゥモローランド::グランドサーキット・レースウェイが短くなって、トゥーンタウンができたり、中央のシンデレラ城前の中央鑑賞席が整備されていたり等等。

毎年百億円近い投資は伊達ではない。

googlemapに時系列変化スライダーがあると超おもしろそー。ワクワク妄想ランド。

2005.07.15

みたままつり

今日は、一家でみたままつりに行ってきた。我が家を日本臣民たらしめんが為。あいかわらず妻は嫌々。帝王学。伯爵にあずけなくっちゃ。

050714_1925001
英霊が迷わず帰ってこられるようにサーチライト。美しい演出。

050714_1947001
D・N・P! D・N・P!

050714_1959001
みはしら様方、ありがとう。

もっとお年寄りばっかりかと思ってたけど、おデート腐女子・腐男子どもでいっぱい。おかげで?つのだ☆ひろ奉納ライブまで見れた。東京はいいなぁと思ってしまった。

そしてついに英霊の言乃葉(1)をついに買ってしまった。英霊の言乃葉と、げんしけんが同居している僕のトートバックはどうだ。まぼろしの如き現実という意味では同じか。

げんしけん(6) 特装版
げんしけん(6) 特装版木尾 士目

講談社 2005-06
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star変わり始める現視研
star同人誌付を買うが吉
star「講談社漫画賞落選」のオビに爆笑

Amazonで詳しく見る

2005.07.14

今、コースAとBの分かれ目

コースA

無理やりなスケジュールで馬車馬のように働かされたこの1ヶ月。
↓
精神的虚無感に襲われる
↓
湧き上がる物欲
↓
それに合わせたかのようなボーナス
↓
気がついたらガジェット解説サイトやアマゾンを徘徊
↓
購入
↓
商品到着とともに少しの後悔と虚無感一掃期待
↓
熱中の1時間ないし2時間
↓
現実に気づく
↓
1ヵ月後には放置

コースB

無理やりなスケジュールで馬車馬のように働かされたこの1ヶ月。
↓
精神的虚無感に襲われる
↓
湧き上がる物欲
↓
それに合わせたかのようなボーナス
↓
気がついたらガジェット解説サイトやアマゾンを徘徊
↓
購入の衝動を抑え、とりあえずなりたけに行き、みそコーン卵。
↓
食後のコーラで冷静になる

2005.07.07

風邪

風邪ひいた。

発熱、37.8℃。背筋が全て痛い。動くと痛い。朝ごはんを食べたが、胃にへんな感覚。
湿布して、ユンケルのんで、セーター着て会社。

無理して会社にきているのは今日がローンチ日だから。

タイミング悪いなぁ。トラブルないといいなぁ。

2005.07.03

ドキュメント太平洋戦争

NHKスペシャル大好き。

高校生の頃に録画して、今も持ち続けているNスペビデオ。それはNスペ好きの僕の中でも珠玉のコレクションでもある。多分火事になっても持ち出すかもしれない。そんな珠コレNスペの中でも最も上位にある超濃縮Nスペシリーズ。それが今回紹介する「ドキュメント 太平洋戦争」である。

ちなみにぼくの家に遊びにきた友達は「太平洋戦争」と書かれたそのビデオラベルをみて、これはアダルトビデオのカモフラージュさせたものなのではないかと疑い、僕の目を盗んでおもむろにビデオデッキにかけてみたものの、その実際をみてドン引きさせたという心温まるエピソードまである。

今日は、その中の 第2集 「敵を知らず己を知らず」を再鑑賞した。そのなかでも特に今の自分の琴線に触れた部分を引用させていただく。

無謀な作戦を重ねたガダルカナルにて、大晦日の御前会議で決定されるに至った日本軍撤退。その直後(昭和18年2月)、にアメリカ軍が作成した情報文書が紹介されている。

日本兵の正体「DEBUNKING THE JAP SOLDIER」


我々はついに彼らの真の姿を捕らえた。

我々ならば、できる限りの武器を利用して勝とうとするが、彼らにとって武器は単なるアクセサリーにすぎない。

この背景には、精神を重んじる日本文明のほうが、アメリカ文明より優れているとの思い込みがある。

これが大和魂の根本をなし、わが国に対する軽蔑の原因ともなっている。

こうした日本人の意識もこの戦争を境に変化するだろうが、間違いを悟るまでには相当な痛手を負わなければならないだろう。

極めて真をついていると思う。
そして、今の自分に通ずるものがあった。

また、夏がくる。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

このブログの注目記事

friends

tools







  • blog seo tool : track word
    blog SEO tool


  • RSS feed meter for http://yokoyamen.cocolog-nifty.com/boku/

なかのひと

あわせてよみたい

  • あわせて読みたい
フォト

みんぽす