« 彩鳳 | トップページ | かいしゃ »

2006.05.02

深作時間

今日、ちょっとした旅行の帰りに母校である大学の街で夕食をとった。大学入学から数えて丁度10年である。10年もたてば色々変わるが、この街は郊外ということもあってさほど変わっていなかった。

大学を卒業してから、就職、結婚、出産、育児、転職、そして2度目の出産をむかえようとしている。でも、卒業してからの今現在は今の僕とは未だ地続き。昇華しきれていない。そのくらいこの6年は薄い灰色みたいな時空だ。

それとは決定的に違ったこの東大宮での4年間は、自分で完全にコントロールできた時間。本当に素晴く美しかった時間を取り戻すかのように、彩鳳で600円の焼肉定食を注文した。

首を回しながら中華なべを回す彩鳳のおっさん。すごい量の白米。やたら濃い味付け。片栗粉のぬるいスープ。だべっている貧相な姿のみるからに決定的に理系な学生たち。おなかいっぱいになると一緒に、頭の中があの時で一杯になる。

ああ、このまま自転車で深作のアパートや研究室に帰れそうな気がする。

いや、違う。あの日に戻りたいわけではない。
ああいう時間をまた作る。そういうことが大事なのだなあと思った。鬱蒼としていた心が少し晴れた。

« 彩鳳 | トップページ | かいしゃ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 彩鳳 | トップページ | かいしゃ »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

このブログの注目記事

friends

tools







  • blog seo tool : track word
    blog SEO tool


  • RSS feed meter for http://yokoyamen.cocolog-nifty.com/boku/

なかのひと

あわせてよみたい

  • あわせて読みたい
フォト

みんぽす