« 息子の六歳の誕生日をポケモンセンタートウキョーで満喫する | トップページ | Amazonアソシエイト2009 »

2010.01.19

AVATARよりオススメ! 千葉市科学館・プラネタリウムで HAYABUSA はやぶさ -BACK TO THE EARTH- を観に行った

日本発、小惑星探査機「はやぶさ」が幾多の苦難を乗り越え、今年の6月に地球に帰還できる目処がたったそうであり、いくらかニュースにもなっているのでご存知の方も多いことだろう。

引き続き慎重な運用を行う必要はあるものの、この状況を維持できれば、はやぶさの平成22年6月の地球帰還計画を維持できる見通しです。 via JAXA|小惑星探査機「はやぶさ」の帰還運用の再開について
どのような苦難を乗り越えてきたかの概要は下記ニコニコ動画参照。

その苦難の道のりから帰還までのドラマをプラネタリウム映画にした上映作品「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH(WebSite)」がある。これが素晴らしかったのでオススメしたい。

hayabusaMovie

YouTubeに予告編あり。

以下の数件の科学館や博物館で上映されている。近所の千葉市科学館で上映されていたので家族で行ってきた。

・とよた科学体験館 ・こむこむ館(福島市) ・サイエンスドーム八王子 ・千葉市科学館 ・相模原市立博物館 ・府中市郷土の森博物館 ・大阪市立科学館

全天周映像として作られているので映像的に迫力があり見応えがあるのだが、それよりも泣けるストーリーと演出が素晴らしいのである。幾多の苦難を乗り越え、最後の最後で「はやぶさ」が地球に無事帰還し、天球で燃え尽きて行く様まで描かれている。これが泣ける。泣けるプラネタリウムは初めてだ。

落ち着きのあるナレーション。篠田三郎。ウルトラマンタロウ!「空を見ろ 星を見ろ 宇宙を見ろ」by 阿久悠 。たまらんよこれ。

going to planetarium.

息子は見るのは2回目。さして感動していなかった様子だったが「はやぶさかえってくるといいね」とは言っていたので、内容は理解していた様子。70年代天文諸兄必見の映画であった。

201001190913.jpg

« 息子の六歳の誕生日をポケモンセンタートウキョーで満喫する | トップページ | Amazonアソシエイト2009 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子の六歳の誕生日をポケモンセンタートウキョーで満喫する | トップページ | Amazonアソシエイト2009 »

twitter

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

このブログの注目記事

friends

tools







  • blog seo tool : track word
    blog SEO tool


  • RSS feed meter for http://yokoyamen.cocolog-nifty.com/boku/

なかのひと

あわせてよみたい

  • あわせて読みたい
フォト

みんぽす